プライバシーポリシー

2017年7月13日 木曜日

クッキーの広告配信利用について

お寺さんjp(以下、「当サイト」といいます。)では、ヤフー株式会社をはじめとする第三者から配信される広告が掲載される場合があり、これに関連して、当該第三者が、当サイトを訪問したユーザーのクッキー情報等を取得し、利用している場合があります。

当該第三者によって取得されたクッキー情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。

ユーザーは、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウトページにアクセスして、当該第三者によるクッキー情報等の広告配信への利用を停止することができます。

クッキーとは、ウェブページを利用したときに、ブラウザーとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、お客様のコンピューターにファイルとして保存しておく仕組みです。
次回、同じページにアクセスすると、クッキーの情報を使って、ページの運営者はお客様ごとに表示を変えたりすることができます。お客様がブラウザーの設定でクッキーの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、ユーザーのブラウザーからクッキーを取得できます。
なお、お客様のブラウザーは、プライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したクッキーのみを送信します。

お客様は、クッキーの送受信に関する設定を「すべてのクッキーを許可する」、「すべてのクッキーを拒否する」、「クッキーを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。
設定方法は、ブラウザーにより異なります。クッキーに関する設定方法は、お使いのブラウザーの「ヘルプ」メニューでご確認ください。

すべてのクッキーを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合がありますのでご注意ください。

僧侶の派遣・手配を行う【お寺さんjp】のコラム

2017年7月12日 水曜日

僧侶の派遣・手配をお考えの方は【お寺さんjp】へ

サイト名 お寺さんjp
住所 〒417-0061 静岡市富士市伝法1934-7
TEL 0120-764-940 / 0545-57-3765
URL https://www.oterasan.in





葬儀に僧侶派遣を行うならお布施の料金が格安の【お寺さんjp】~葬儀に用いられる花の種類~

2017年7月12日 水曜日

葬儀で使われる花の種類とそれぞれの持つ意味

葬儀で使われる花の種類とそれぞれの持つ意味

葬儀と花は切っても切れないもので、葬儀には様々な花が用いられます。代表的なものとして菊・ユリ・カーネーション・カラー・デルフィニウムが挙げられます。

菊は最もポピュラーな花として有名で、白色だけでなく黄色や紫色が混ぜられたり、優しい印象のポンポン菊などを添えたりすることもあります。ユリは大輪が特徴で威厳があり、男性の故人に合う花の一つです。

春に良く使われるカーネーションは癒しの効果があり、故人が女性の場合によく贈られます。カラーは清純なイメージの花で、白色だけでなく黄色を組み合わせ、供花や枕花として使われることの多い花です。

デルフィニウムは真っ青な花色で、荘厳な雰囲気を醸し出します。花を贈る際は、故人を思う気持ちを大切にしながら選ぶと故人も喜ぶはずです。

葬儀に僧侶派遣を行うなら戒名無料の【お寺さんjp】~格安の料金で安心の葬儀~

葬儀に僧侶派遣を行うなら戒名無料の【お寺さんjp】~格安の料金で安心の葬儀~

葬儀の僧侶派遣に対応する【お寺さんjp】は、儀式をひとまとめにしたパッケージをご用意しております。標準タイプのパッケージの内容は、通夜・葬儀・初七日・火葬・戒名となっております。

通夜は身内の方が中心となって送る儀式で、普段はこみあげない思いも湧き出てくるでしょう。形ある故人との最後の別れとなる火葬でも、僧侶が立ち会います。葬儀と初七日は同じ日に行われるのが一般的になりつつありますが、地域の習慣によって若干の相違があります。

戒名に関しては、信士・信女などが無料でつけられます。それ以上のご要望も承りますので、個別にご相談頂ければ幸いです。

葬儀に僧侶派遣を行う【お寺さんjp】が求める遺族の負担とならない葬儀のあり方

葬儀に僧侶派遣をご希望の方は、【お寺さんjp】をご利用下さい。檀家制度での従来の葬儀は、多くの人手や時間、お金をかけて執り行うことを想定しています。

しかしながら、現代では遺族の人数が減少し、葬儀費用に関する問題も生じてきました。そのような現状を踏まえた上で、僧侶派遣を行う【お寺さんjp】では格安料金でお布施を提示しております。

一通り整った儀式を執り行える他、菩提寺の無い方や霊園、納骨堂をお求めの方へのサポートも行っております。対象となるエリアは関東を中心に全国からのご依頼を承り、宗派の指定や特定の宗派を持たない方でもご利用可能です。

お役立ちコラム

葬儀で僧侶派遣を手配するなら【お寺さんjp】まで

サイト名 お寺さんjp
住所 〒417-0061 静岡市富士市伝法1934-7
TEL 1 0120-764-940
TEL 2 0545-57-3765
FAX 054-385-6553
URL https://www.oterasan.in





葬儀で僧侶派遣を手配するなら東京をはじめ全国対応の【お寺さんjp】~家族葬とは~

2017年7月12日 水曜日

葬儀のあり方が自由になり増えているのが「家族葬」

東京で家族葬の相談なら僧侶派遣 お寺さんjp

通常の葬儀と比べて、費用負担を安く抑えられるのが家族葬です。本当に故人に縁のある人だけで自宅にいるような温かな雰囲気の中、最後のお見送りをすることができます。

家族葬の良いところは、家族や親族、ごく親しい人だけで、今までの伝統や風習にとらわれずに自由に式ができることです。人生の最後を、愛する人達に見守られて安らかにお別れをすることができます。

多くの参列者への対応に追われることがないため、精神的・肉体的な負担が軽くなるというメリットもあります。最後には故人が好きな音楽を流し、好きなものをたくさん並べることもできます。ご家族にとっても納得のいくお葬式となるはずです。

葬儀の僧侶派遣なら【お寺さんjp】!お坊さんの手配、お葬式の相談、お任せ下さい!

東京など、お坊さん・僧侶派遣全国対応。お葬式の相談、お任せください。

葬儀で僧侶派遣をお考えの方は、【お寺さんjp】をご利用下さい。僧侶・お坊さんが不在だと、葬儀や通夜を始めることができません。

しかし東京をはじめとした都会では、実家や故郷が遠方の場合があり、昔ながらのお寺付き合いがないという方も多くいらっしゃいます。そのような場合でも、インターネットから僧侶・お坊さんの派遣申し込み・手配ができる時代となりました。

【お寺さんjp】では費用を明記しておりますので、不透明なお布施の額に悩むこともありません。東京・埼玉・千葉・横浜など、全国のお葬式の相談を承ります。葬儀に関して不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

東京で葬儀の僧侶派遣を依頼できる【お寺さんjp】!お坊さん派遣紹介全国対応!

東京・埼玉・千葉・横浜など、全国各地にてお坊さん・僧侶を派遣紹介致します。葬儀で僧侶派遣というと不安な点もあるかと思いますが、【お寺さんjp】の場合は僧籍を持った僧侶を手配致しますのでご安心下さい。また、宗派が分かる場合にはそれを指定することも可能です。

宗派の指定がない場合には、通夜・葬儀・初七日・火葬・戒名と全て合わせたお布施料金となっております。戒名まで無料で付き、相場よりも格安でのご利用が可能です。また、【お寺さんjp】では予算に合わせたお葬式プランをご紹介することができ、葬儀会社の手配についてもお気軽にご相談頂けます。

お坊さん・僧侶派遣の【お寺さんjp】が教える「ご葬儀・お葬式の豆知識」

東京・埼玉・千葉・横浜など、お葬式の僧侶派遣なら【お寺さんjp】

サイト名 お寺さんjp
住所 〒417-0061 静岡市富士市伝法1934-7
TEL 1 0120-764-940
TEL 2 0545-57-3765
FAX 054-385-6553
URL https://www.oterasan.in

お坊さん紹介・派遣・手配を行うなら宗派を問わずに対応する【お寺さんjp】~四十九日法要の迎え方~

2017年7月12日 水曜日

お坊さん紹介・派遣の依頼は宗派を問わずに手配できる【お寺さんjp】

お葬式のお坊さん紹介なら【お寺さんjp】

お坊さん紹介・派遣の手配をご希望でしたら、【お寺さんjp】をご利用下さい。日本の仏教は様々な宗派に分かれておりますが、【お寺さんjp】では、その様々な宗派に合ったお坊さん紹介が可能です。

ネット上から簡単に依頼することができますので、遠隔地で葬儀・法要を営む場合も安心して執り行うことができます。お坊さん紹介の他にも、地域に合った安心価格による葬儀社の紹介も可能です。

霊園や納骨堂を求めたい方、檀家制度にとらわれたくない方へ、新しい供養の形を提案させて頂きます。お葬式の相談、お気軽にお問い合わせ下さい。

お坊さん紹介・派遣を行う【お寺さんjp】は明瞭な料金体系を実現

予算に合わせたお葬式プランをご提案。お坊さん派遣紹介なら【お寺さんjp】

お坊さん紹介・派遣を行う【お寺さんjp】のサービスは派遣が主流ですが、通夜・葬儀、四十九日の法要、出張祈祷、お骨預かりなど様々な目的に応じたサービスを行っております。

サービスに関する費用は、一般的な相場に基づいて設定しておりますので、サービスを受ける前に予算計画が立てやすいです。葬儀を執り行う遺族の方は不慣れなことも多いですが、そういった場合でもご相談頂くことで、ご希望の葬儀や法要を営むことができます。

分かりづらいお布施の費用相場が数多く存在する中、【お寺さんjp】は良心的な価格を追求していますので、安心してお坊さん紹介・派遣をご依頼下さい。東京・埼玉・千葉・横浜など、お坊さん・僧侶派遣全国対応しております。お葬式のこと、何でもご相談下さい。

重要な四十九日法要を安心して営む上での心得

七日毎の法要が難しい場合でも四十九日法要を迎えるまでの期間は、できるだけ中陰壇の前に座り、お線香をあげて追善供養することが望ましいです。また、この期間は結婚式のような祝席への参加、神社への参拝はなるべく控えるようにしましょう。

四十九日法要を営む日は、故人の来世が決まる重要な日です。加えて、喪に服していた遺族の方々が日常へと戻る、大切な日でもあります。この後は百か日法要と初盆となりますので、本位牌を安置する仏壇の手配を考えておきましょう。

お坊さん・僧侶派遣の【お寺さんjp】が教える「ご葬儀・お葬式の豆知識」

お葬式のお坊さん紹介なら千葉など全国対応の【お寺さんjp】

サイト名 お寺さんjp
住所 〒417-0061 静岡市富士市伝法1934-7
TEL 1 0120-764-940
TEL 2 0545-57-3765
FAX 054-385-6553
URL https://www.oterasan.in

お坊さん紹介・派遣を東京や川崎市で依頼する際は良心的な料金の【お寺さんjp】へ~一周忌の後はなぜ三回忌?~

2017年7月12日 水曜日

一周忌の後はなぜ三回忌になるの?

一周忌の後はなぜ三回忌になるの?

葬儀を終えて一年が過ぎると、一周忌の法要が営まれます。一周忌の法要とは、逝去した月日と同じ日にあたる祥月命日(しょうつきめいにち)に営む年忌法要です。

その翌年は三回忌を営むのですが、なぜ「二回忌」ではなく三回忌なのか?その説明を致します。法要の回数は亡くなった年を一回目として、その年が何回目にあたるかを示す数字になります。

いわゆる数え年の数え方と同じです。そのため、亡くなった日を一年目、それから一周回ったという意味で二年目の法要を「一周忌」と呼び、その翌年は三回目の年ということで「三回忌」と呼ばれるのです。

もともと仏教には、遺族が一年間故人を偲ぶ「忌(いごもり)」という風習があり、その一年が明けたことを意識しやすいように一周忌とされました。そのため、他の法要の回数と異なった言い方になっています。

お坊さん紹介・派遣を東京や川崎市でご希望なら【お寺さんjp】

お坊さん紹介派遣を依頼したい方、東京川崎市で派遣をご希望でしたら【お寺さんjp】をご利用下さい。東京や川崎市などの都心部では、地方のようにお寺の檀家になっている方は少数です。いざ葬儀や年忌法要をしようとしても、「お坊さんの依頼はどうすればいいの?」と悩む方は多いです。

そのような時、お坊さん紹介・派遣をご利用頂きますと、適切で安心できる供養の形をサポート致します。紹介するそれぞれの僧侶は、僧籍を持ったお寺の住職や寺院に所属している僧侶です。今はもう菩提寺がなくなってしまった、あるいは菩提寺が今住んでいる所から遠いなどの理由で僧侶にお困りの場合は、お気軽にご相談下さい。

お坊さん紹介・派遣を行う【お寺さんjp】なら良心的な料金でお坊さんを紹介致します

お坊さん紹介・派遣を行う【お寺さんjp】なら良心的な料金でお坊さんを紹介致します

お坊さん紹介・派遣を良心的な料金で行っているのが【お寺さんjp】です。お布施の料金を分かりやすく提示しております。

お食事や御膳料も必要ありませんので、安心してご依頼頂けます。年忌法要への僧侶派遣も承っておりますので、どのようなご相談でも、お気軽に【お寺さんjp】までお問い合わせ下さい。

関東では、東京や川崎市などの東京近隣エリアを中心に幅広く対応させて頂きます。

お坊さん・僧侶派遣の【お寺さんjp】が教える「ご葬儀・お葬式の豆知識」

東京などお坊さん紹介・僧侶派遣なら【お寺さんjp】

サイト名 お寺さんjp
住所 〒417-0061 静岡市富士市伝法1934-7
TEL 1 0120-764-940
TEL 2 0545-57-3765
FAX 054-385-6553
URL https://www.oterasan.in

お坊さんの派遣を四十九日法要で依頼するなら川崎市・横浜市など全国に対応する【お寺さんjp】~年忌明けまでの流れ~

2017年7月12日 水曜日

お坊さんの派遣を四十九日法要に依頼するなら【お寺さんjp】~時代のニーズに合った新しい形の供養~

お坊さん派遣なら【お寺さんjp】。予算に合ったお葬式プランをご提案します。

お坊さんの派遣を四十九日法要に依頼する際は、【お寺さんjp】にご相談下さい。現代は核家族化や少子高齢化に伴い、葬儀の簡素化が好まれるようになりました。

そのため、お寺の檀家に入らず、菩提寺も持たない家が増加しているのです。そんな時代のニーズに合わせ、低価格で葬儀を執り行いと希望する方や菩提寺を持たない家のために、お坊さん・僧侶を派遣紹介しております。

お坊さんに納めるお布施も決まっておりますので、安心してご依頼下さい。東京・埼玉・千葉・横浜をはじめ、全国各地にてお坊さん・僧侶を派遣しておりますので、お葬式の相談、お気軽にお問い合わせ下さい。

四十九日法要にお坊さんを派遣する【お寺さんjp】は東京都内・川崎市・横浜市など全国に対応

横浜など、お坊さん・僧侶派遣全国対応!低価格のお葬式なら【お寺さんjp】

四十九日法要にお坊さんを派遣する【お寺さんjp】の特長は、東京都内や神奈川(川崎市・横浜市など)だけでなく、全国に対応できるところです。

加えて、檀家制度ではないということで、宗派を超えて安心して低料金で葬儀・お坊さんを依頼できる点もございます。互助会とは異なり、入会金や会費を必要としません。

もちろん、寄付金や提示するお布施以外の費用も不要です。予算に合わせたお葬式プランをご提案します。派遣する各僧侶は全宗派に対応しており、僧籍を持った僧侶ですから安心してご依頼下さい。

年忌明けまでの流れ~追善供養と十三仏信仰~

仏教には輪廻転生(りんねてんしょう)という考え方があるため、没後七日ごとに故人が生きてきた行いに対して、あの世で審判されると言われております。それは初七日から始まり、忌明けの四十九日まで続きます。

故人の魂が仏になる四十九日法要まで、遺族は善を送る法要を営むのです。かつてはこれが主でしたが、現在は経済的・身体的負担を軽減するために、故人の遺志によって初七日と四十九日法要を一緒に営むことが多くなりました。

四十九日法要が終わると年忌法要となります。極楽浄土へと導いて頂くために、初七日から続く十三仏信仰の教えにそって、百か日から三十三回忌まで法要を営むのです。三十三回忌が終わると年忌明けとなり、弔い上げとなります。

お坊さん・僧侶派遣の【お寺さんjp】が教える「ご葬儀・お葬式の豆知識」

横浜などお坊さん・僧侶の派遣紹介【お寺さんjp】

サイト名 お寺さんjp
住所 〒417-0061 静岡市富士市伝法1934-7
TEL 1 0120-764-940
TEL 2 0545-57-3765
FAX 054-385-6553
URL https://www.oterasan.in

四十九日法要にお坊さんの派遣を予約するなら明瞭な料金で東京を中心に全国対応できる【お寺さんjp】~四十九日法要とは~

2017年7月12日 水曜日

四十九日法要とは~亡くなった方が極楽浄土へ行けるように営む法要~

四十九日法要とは~亡くなった方が極楽浄土へ行けるように営む法要~

四十九日法要は、亡くなった方と縁のあった人達で営む追善供養です。亡くなった方を偲んで冥福を祈ります。仏教では人が逝去してもしばらくの間、あの世とこの世をさまよっていると考えられております。

その間、亡くなられた方は七日毎に閻魔大王の裁きを受け、極楽浄土へ行けるかどうかの判決を待つのです。そのため、遺族は七日毎に法要を営み、亡くなられた方が極楽浄土へ行けるように祈ります。

現在は七日毎の法要を省略することもございますが、閻魔大王の判決が下されるのは四十九日目ですから、四十九日法要はとても重要な日とされております。

四十九日法要にお坊さんの派遣を予約するなら【お寺さんjp】へ~東京をはじめ全国に対応~

四十九日法要にお坊さん派遣予約する際は、東京をはじめ全国に対応する【お寺さんjp】をご利用下さい。直葬や通夜、葬儀、四十九日法要の他、出張祈願、お骨預かり、地鎮祭なども行っております。

本部事務所は静岡県にありますが、東京・埼玉・千葉・神奈川などの関東地区を中心に、愛知・京都・大阪・兵庫エリアに対応しております。また、対応エリア以外でも交通費や宿泊費をご負担頂ければ、全国どこでも派遣することが可能です。ご予約は、ホームページの依頼フォーム、またはお電話でお問い合わせ下さい。

四十九日法要に派遣するお坊さんへのお布施は明瞭な料金を提示します

四十九日法要に派遣するお坊さんへのお布施は明瞭な料金を提示します

四十九日法要にお坊さんを派遣する【お寺さんjp】の特長は、明瞭な料金でお布施を提示できることです。お布施というと、いくら包めばいいか分からないという方は多いと思います。

【お寺さんjp】は互助会ではございませんので、提示するお布施以外の費用はかかりません。そのため安心してご利用頂けます。また、派遣するお坊さんから檀家になるよう勧められることもございません。

檀家制度にとらわれたくないという方のためのサービスですから、菩提寺のない方や菩提寺が遠方にある方、お寺の檀家に入りたくないといった方もご安心下さい。

お役立ちコラム

四十九日法要にお坊さんの派遣を予約するなら【お寺さんjp】へ

サイト名 お寺さんjp
住所 〒417-0061 静岡市富士市伝法1934-7
TEL 0120-764-940 / 0545-57-3765
URL https://www.oterasan.in





お坊さんの派遣・紹介なら直葬から一般葬までお受けする【お寺さんjp】へ~現代の葬式~

2017年7月12日 水曜日

家族葬や直葬など選択肢が増えた現代の葬式

家族葬や直葬など選択肢が増えた現代の葬式

以前のようにお寺や自宅で葬式をすることが少なくなった現在では、その形も様々になってきております。亡くなられた方の遺志を尊重し、葬式にあまり費用をかけない手元供養という選択もされるようになりました。

一般葬や家族葬では、通夜・告別式などに日数がかかりますが、葬式・告別式のみの1日葬や家族だけで火葬のみを営み、火葬場で僧侶にお経をあげてもらう直葬なども簡略化されてきております。

その他、生きている間に知人や親戚に来てもらって自分の葬式を営む生前葬、亡くなられた方の遺志を葬式に反映させ、宗派や形式にとらわれずに営む自由葬という形もございます。

お坊さんの派遣・紹介なら【お寺さんjp】へ

お坊さんの派遣・紹介なら【お寺さんjp】へ

お坊さん派遣紹介をご希望でしたら【お寺さんjp】へご依頼下さい。派遣するお坊さんは、お寺を管掌する住職やお寺に在籍している僧侶です。

すべて僧籍を有する者ですから、安心してご利用頂けます。「お坊さんを派遣してもらった場合のお布施はどうなるの?」と、使用料金が心配の方もご安心下さい。

各種葬儀に関するお礼を料金一覧で提示しておりますので、金額を心配することなくご依頼頂けます。ご供養の種類も現在のニーズに合わせ、直葬から一般葬まで幅広くお受け致します。

お坊さんを派遣する【お寺さんjp】では様々な祭事や行事にお坊さんを派遣しております

お坊さんを派遣する【お寺さんjp】では、葬式はもとより、年忌法要や各種安全祈願をするための出張祈願も承っております。地鎮祭などの出張祭事につきましては、祭壇一式の準備もさせて頂きますので、安心してご相談下さい。また、手元供養(自宅供養)のご依頼も承っております。

「お墓が遠くて墓参が難しく、家にお骨を置いて供養したい」「お墓を建てることが難しい」など、様々な理由でご自宅に遺骨を置いて供養される方もいらっしゃいます。そのような方のご要望に応え、【お寺さんjp】では、心を込めて手元供養(自宅供養)をさせて頂きます。

お役立ちコラム

お坊さんの派遣・紹介をご希望の方は【お寺さんjp】まで

サイト名 お寺さんjp
住所 〒417-0061 静岡市富士市伝法1934-7
TEL 0120-764-940 / 0545-57-3765
URL https://www.oterasan.in





お坊さんの派遣はお葬式・お年忌・法事にも対応する【お寺さんjp】~葬儀を営む意義~

2017年7月12日 水曜日

お坊さんの派遣は法事・四十九日法要・お年忌にも対応

お坊さんの派遣は法事・四十九日法要・お年忌にも対応

お坊さん派遣する【お寺さんjp】は、法事・四十九日法要・お年忌・出張祈願・お骨預かり・手元供養まで、要請に応じて対応しております。

対象となるエリアは、東京・神奈川・埼玉・千葉のエリアを中心に、中部・関西・中国・四国・九州まで派遣することが可能です。仏教の布教・宗教活動の一環として、各宗派の住職や僧侶が集まって運営している独自の協力会となっております。

低価格のお布施を納めて頂くだけで、お坊さんを派遣するシステムを運営しておりますので、お気軽にご相談下さい。

お坊さんを派遣する【お寺さんjp】が考える健全なお葬式のあり方

お坊さんを派遣する【お寺さんjp】が考える健全なお葬式のあり方

お坊さんを派遣する【お寺さんjp】は、健全なお葬式のあり方として、従来の檀家制度にとらわれない新しい供養の形を提案させて頂きたいと思っております。

入会金や月々のお布施、寄付金なども一切ありません。初めに頂いたお布施の一部を運営費にあて、顧問会計士による監査と納税を行っている健全な団体です。亡くなった方とのお別れの儀式であるお葬式は、適切で安心できる形で行いたいと考えております。

真言宗・浄土真宗・浄土宗・曹洞宗・臨済宗・天台宗・日蓮宗の宗派に対応していますので、安心してご依頼下さい。もちろん、宗派が不明な方でもご利用頂けます。

葬儀を営む意義とは~この世に別れを告げ、あの世へ渡るための儀式~

葬儀を営むのは、亡くなった方のためであると共に、遺された親族や友人のために営む儀式でもあります。亡くなった方と本当のお別れをすることになりますので、知らせを聞いた知人や友人は葬儀を通してお別れを告げ、新たな生活へと向かうのです。そのため、葬儀は生活の区切りとして存在します。

人間は儀式によって区切りをつけなければ、心が定まらない生き物です。亡くなった方の命を受け継ぎ、後世へと確かに渡していく。人との関わりがあって生まれ、これまで暮らしてきたのですから、厳粛な気持ちで心を込めて送り出すことが大切です。

お役立ちコラム

お坊さんの派遣・紹介をご希望の方は【お寺さんjp】まで

サイト名 お寺さんjp
住所 〒417-0061 静岡市富士市伝法1934-7
TEL 0120-764-940 / 0545-57-3765
URL https://www.oterasan.in








【僧侶派遣】Copyright(C) ICHIJOIN. All Rights Reserved.